Powered by

【てへっ!こども食堂】練馬春日町

利用者の方々を含め、メンバー全員がイキイキと活動する 【てへっ!こども食堂】です!

【新着情報】
11月11日(水)第4回てへっ!こども食堂を開催しました。
ついに年内最後の開催です。
今回もたくさんの方からご寄付いただいた食材を使用させていただきました!
献立はカレーライス、焼きそば、わかめスープ、焼き鳥、にんじんしりしり、とバランスの取れたメニューでした!

会場となっている元寿福寺幼稚園舎が取り壊されるということで今回はこども食堂に加えて建物の壁への落書き大会も合わせて開催いたしました。
たくさんのこども達が色とりどりのペンで自由に落書きしてました!溢れんばかりの笑顔で心から楽しそうに描いてくれていたのがとても印象的でした!
取り壊されてしまうことは非常に残念で、悲しいですが今回のようにこども達が心から楽しめるようなイベントも、たくさん企画していこうと思います。

年内のこども食堂活動は今回で終了いたしますが、これからも様々な活動に取り組んでまいります!
ホームページも随時更新いたしますので引き続きぜひご覧ください!

ボランティアスタッフもまだまだ募集中です!

※10月21日地域の方々のご協力のお陰で、正式に保健所に集団給食開始届を受理して頂けました。また、開催場所の寿福寺元幼稚園には、ボランティアメンバー手作りのポスター掲示/チラシも同様にボランティアメンバー手作りで各施設・町会・図書館に配布が始まりました。
地域活性化に繋がる「真の地域包括ケア・地域みまもり」活動を探し続け、とうとうNewスタイル「こども食堂活動」に行き着いた昨年6月から、町内会、商店会、それぞれの団体施設、商店、企業、医療施設、介護施設、自治体と連携を取り、地域の有志ボランティアの素晴らしい仲間が集い、4月25日旗揚げがCOVID-19(新型コロナ感染症)禍で涙を呑んでの延期。
しかし、練馬区内でこのCOVID-19の下でも活動できる体制を模索した諸団体の「知恵」と「勇気」と「負けじ魂」を学びました。
今後も訪れるかもしれない「非常事態宣言」下でも活動できる体制を模索した、地域スタッフ/有志ボランティアの方々とのリハーサルを8月15日成功裏に実施💛
こども食堂活動からはじまる、素晴らしいふるさと・地域社会の再興をビジョンに掲げた地域の物語です。

チーム詳細

チーム名 【てへっ!こども食堂】練馬春日町
活動ジャンル 仕事・ボランティア
活動内容 こども食堂/地域振興
活動地域 東京都練馬区
活動場所 大林山最勝院寿福寺元寿福寺幼稚園舎/地域けあサポート47かやの木事業所
チーム参加人数 45人
活動日 10/25(日)16時~・10/28(水)17時~・11/8(日)16時~・11/11(水)17時~
メンバー属性 10代~80代/各10歳階層に必ずメンバーがいます!!
会費 ボランティアさん会費:500円/回(ご利用者さんの参加費ではありません)
その他の情報 これから、更にこどもシェルターを手始めに、SDGs化に向けた地域振興につながる活動を模索中です。
活動責任団体はこちらになります。
一般社団法人地域けあサポート47
(正式名:一般社団法人地域包括ケアサポート47風鈴研究会議)
スペースケアかやの木事業所
東京都練馬区春日町1-12-1
代表理事:加藤孝幸
FB: https://www.facebook.com/chiikihoukatsu
HP: https://chiikihoukatsu-caresystem.or.jp
ページの先頭へ
このチームに参加